イベントを読み込み中

« イベント一覧

  • このイベントは終了しました。

POP UP SHOP本屋から始めるSDGs~フェアトレードシティくまもと10周年

11月13日(土)11月28日(日)

2011年、熊本市は、アジアで最も早く、また世界では1,000番目となるフェアトレードシティに認定されました。
今年2021年は、10周年。この11月をフェアトレードマンスリーとして、関連イベントが各所で開催されています。

蔦屋書店熊本三年坂では、昨年より、SDGsを身近に感じてもらう取り組みとして、「本屋から始めるSDGs」という企画をスタートしました。
購入する商品を通じて、地球環境のことや、生産者のことなどを考えるきっかけ作りをしたいという思いを実現させる為に、関連マルシェやイベントを実施しています。

SDGs17項目のうち、11項目がフェアトレードの実践に当てはまるとされていることから、11月の「本屋から始めるSDGs」フェアは、フェアトレードに特化したブースを作ります。
関連書籍や商品販売だけではなく、各ブランドの取り組み紹介のパネル展なども実施します。
日常のお買い物から、フェアトレードのことを、ちょっと考えてみませんか?

「本屋から始めるSDGs~11月は、フェアトレードマンスリー」



第3世界ショップ


第3世界ショップは、貧困とそれによりもたらされる世界の諸問題を仕事創りで解決しようと、1986年にフェアトレード事業を始めました。
現在ではフェアトレード事業を経て、国内外を問わず地域の力で諸問題の解決を目指す「コミュニティトレード」へと活動の場を広げています。
フェアトレードやオーガニックの原材料・製法にこだわった食品、伝統工芸や地域に根付く手仕事の文化を大切にしたハンドクラフト品を販売しています。





SMICS


SMICSは、認定NPO法人 ミタイ・ミタクニャイ子ども基金の学生部有志によるプロジェクトです。
私たちは、南米・パラグアイの「国家無形文化遺産」にも認められた伝統工芸品である、色鮮やかなニャンドゥティを販売しています。
「かわいいで世界を紡ぐ」をコンセプトに、フェアトレードを通してパラグアイの伝統を守り、作り手さんの生活を支えることを目的に活動しています。





Teebom


2010年7月に静岡市葵区の駿府城公園の東側(通称、北街道沿い)にOpenしたフェアトレードの専門店です。
コーヒーは自家焙煎、紅茶・スパイスはスリランカの茶園から直輸入。
また、雑貨も南米やアジアのフェアトレード生産者と協力して、作っています。
開発途上国の自然素材で、そこに住んでいる人たちが持っている伝統的な技法を用いた手工芸を通して見える魅力的な文化。
日本のマーケットに受け入れられるような工夫を施し、ちょこっとトレンドも意識した商品作りにこだわり、作り手も買い手も幸せになれるような仕組み作りのお手伝いをしたいと思っています。





CREOLE


CREOLE(クレオール)とは、「異なる文化が混ざり合い、その結果、創られた新しい文化」を意味します。
都市の日常生活においても、人の暮らしにさりげなく溶け込むよう、現地の昔ながらの手仕事に、世界中のいろいろなエッセンスを加えたものづくりをしています。
貴重なラオスの「手仕事」がいつまでも残るように。ただし、日本でも、そして世界のどこでも通用するデザインで。
ものづくりが、現地での仕事を生み、「手仕事」がいつまでも残る、そんな循環を目指しています。





SIZEN TO OZEN


「豊かな食の未来を創造する」をパーパスに、“おいしいの新しい価値” を提案する食品ブランドです。
カカオハスク(カカオ豆の皮)の旨味と香りに着目したアップサイクルの取り組みなど、食からはじめるサステナブルをおいしく、たのしく。
地球にやさしく、わたしにうれしい。
ワクワクする“これからの食” を、京都から届けています。
今回は、カカオのアップサイクルの商品である、カカオとスパイスが香る「カカオチャイほうじ茶」で参加します。




cocowell


ココナッツはフィリピンの農村部の至るところに豊富に生育しており、太古から「生命の木」と呼ばれるほど貴重な食料資源として利用されてきました。
しかし、まだ多くのココナッツ農家が、その利用価値を十分に活かせていません。
もっとココナッツの価値を高めることで農村部に産業を創り、農家の人々の安定した生活に少しでも貢献できるのではないかとの想いから、ココナッツを専門に扱う株式会社ココウェルは、創業しました。
人と地球に優しいココナッツという植物を通じて、世界中の人々の健康と地球環境、そしてフィリピンの農村部の貧困問題の解決に、継続的に貢献していきます。



詳細

開始:
11月13日(土)
終了:
11月28日(日)

主催者

蔦屋書店熊本三年坂(代表)
電話:
096-206-9948