《学生主催》本とコーヒーの読書会

《学生主催!》
本とコーヒーの読書会
〜お気に入りの1冊を語り合いましょう〜

5月19日 (日)に、
蔦屋書店熊本三年坂にて読書会を行います。

ゆっくりコーヒーを飲みながら、
好きな本について語り合いませんか?

読書初心者の方にも、
本が大好き方にも来てほしい!

新しい本に出会えるかもしれません。
お気に入りの本を持ってきてください。

年齢は問いませんので、お気軽にご参加ください。
お待ちしております♪

【イベント詳細】
参加者:どなたでもOK
開催日:5月19日(日)
時間:14:00〜18:00
場所:蔦屋書店熊本三年坂 地下1階イベントスペース
参加費:500円(選べるドリンク付き)

【イベントタイムスケジュール】
13:30-14:00 受付
14:00-14:05 オープニング
14:05-16:00 おすすめの本について紹介
16:00-17:00 フリートーク
17:00-18:00 読書タイム

参加申し込みは、以下のURLもしくは、画像のQRコードから!

https://forms.gle/4MK7AzmtjNr2eA7n6

蔦屋書店熊本三年坂のインスタグラム(@tsutaya.sannenzaka)、主催する学生団体KYSのインスタグラム(@kumamotoyouthsalon)のハイライトのリンクからでもできます。

主催:Sannenzaka Germination Base(サンジャミ)
共催:蔦屋書店熊本三年坂
協力:
⚫︎AND COFFEE BREWERS
@andcoffeebrewers
⚫︎学生服のタケモト
@takemoto1905
⚫︎やる気スイッチ スクールIE

※イベントについてのお問い合わせは以下へお願いいたします。
メールアドレス:kumamotoyouthsalon@gmail.com

「くまもと音人」発刊記念イベント

くまもと音人発刊記念イベント

 

一般社団法人くまもと音楽・文化交流ラボが発行、現在発売中の熊本で活躍するアーティストを紹介する雑誌「くまもと音人」の発刊を記念したイベントを行います。
みなさまぜひご参加ください!

日程:4月27日(土)

会場:蔦屋書店熊本三年坂 地下イベントスペース

<ステージ部門>

➀ 13:00~13:30 チェロ体験レッスン(講師:チェリスト中川幸尚)

➁ 14:30~15:45 熊本大学アカペラサークル Higo-Pella

<展示・体験部門>

〇 11:00~17:00 ラッシャーMさん! 作品展示・色塗り体験

チェリスト中川幸尚
タイの王立バンコク交響楽団に20年近く在籍したのち、熊本に移住。
「チェリストゆっきーの室内楽マニア」と題したコンサートを定期的に熊本にて開催
また、大阪では「谷町Classic」という室内楽及びソロのコンサートシリーズを続けている。

熊本大学アカペラサークル Higo-Pell

Higo-pellaは、熊本大学を中心とした県内の大学生で構成されているアカペラサークルです。メンバーは現在、100人以上。6人程度で1つのグループをつくり、バンド毎に活動しています。基本的に、毎月、発表会を行うなど、活発に活動しています。

ラッシャーM
覆面アーティスト。「国際美術大賞展」にて新人賞、「ニューヨーク公募展」にて優秀賞を受賞。
熊本のテレビ・ラジオにも出演。マレーシアJapanExpoはじめ、県内外の美術館・ニッコーホテルやサクラマチクマモト・博多大丸等にてその作品を展示

リリ 『在る視点』出版記念トークイベント&ワークショップ

セラピスト・悟リリさんが、トークイベントを開催。

悟り・非二元(ノンデュアリティ)・覚醒に基づく情報発信や心のセラピー、ヒーリングを行なっている悟リリさんが、
この度自身初となる書籍「在る視点」を出版しました。

初出版を記念して、蔦屋書店熊本三年坂でサイン&撮影会も含めたトークイベントを開催します。

イベントでは、『在る視点』出版についての裏話や最近のプライベートについてのお話し、
慈悲の愛を体感していただける2~3名のデモンストレーションによる実践ワークを行います。

書籍は蔦屋書店熊本三年坂にて発売中です。
しかも、蔦屋書店熊本三年坂で購入すると、特典(リリデザイン特製ステッカー2枚)がついています。

みなさま書籍の購入とイベントへの参加お待ちしております。

お申し込みフォームはこちら↓
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScQxT9SFqoXGzYibOY9ypzotDFgU9H7Eu8Y68f75CHTca4dyQ/viewform

薬学×情報科学で、今ある薬をより良い薬に!-データの海での宝探し

ニューコ・ワン株式会社(本社:熊本市中央区安政町 代表取締役:塩原礼貴)と熊本大学(本校:熊本市中央区黒髪2丁目39番1号)は、学内の研究を蔦屋書店内にて紹介・発表することで、多くの方々に研究成果を周知する共同企画の一環として、「ビックデータで薬を育てる」展を2024/3/6(水)~3/12(火)まで蔦屋書店 熊本三年坂にて開催します。
本企画展では、医薬品情報学を専門とする本学大学院生命科学研究部 臨床薬理学分野 近藤 悠希准教授の研究内容をご紹介します。
近藤准教授は、腎臓に関して薬をより安全に使うために様々な研究を行っており、今回は薬剤師の役割や医療ビックデータを活用した育薬研究について解説するとともに、現在行っている研究をパネルで紹介します。また、3月10日(日)には『薬学×情報科学で、今ある薬をより良い薬に!-データの海での宝探し-』と題して、近藤准教授によるトークイベントを開催します。

ニューコ・ワン株式会社は、今後も引き続き熊本大学との連携を継続し、熊本にお住いの方々へ向け、様々なテーマでのイベントを企画・開催して参ります。

あなたに寄り添う診療所

宅医療研究会「てとてとココロ」は、熊本市北区周辺を中心に在宅医療に関わる専門職を中心に活動している任意団体です。
この度、熊本市出身で現在は、鹿児島県下甑島手打診療所所長として、地域医療にコミットされている室原誉伶先生の、
医療の枠にとらわれないご活動について、お話しを伺う機会を設けさせて頂きました。
先生が、何故挑戦し続けるのか、その情熱に多くの方々、特に未来に繫がる若い方に是非触れて頂きたいと考え、
マチナカの蔦屋書店で場づくりをさせて頂きました。
当日は、できるだけフラットな雰囲気で楽しんで頂けるよう、プレゼン、トークセッション、意見交換という3部構成となっております。また、会場では企画者からの推薦図書紹介コーナーや甑島の美しい写真の展示、物産のポップアップストアも展開しておりますので、イベントの前後もゆっくりとお楽しみ下さい。

①トークイベント 室原誉伶氏
「あなたに寄り添う診療所〜ひとりひとりの生き方と向き合う小さな島に暮らす医師の挑戦〜」
②トークセッション
③会場とのQ&A

Speaker:室原誉伶(むろはらほまれ)氏
1989年熊本市出身。順天堂大学医学部を卒業後、東京での研修医修行を経て、総合診療や地域医療に興味を抱き、「離島やへき地で働きたい医師」をサポートする会社「ゲネプロ」主催のプログラムに参加。上五島、モンゴル、西ノ島を経て、2020年に下甑島へ。任期終了後も、下甑島での暮らしを継続し、農業や島民の方々のちょっとした困り事を解決する「御用聞き」をはじめる。2023年4月に、下甑手打診療所に所長として復帰。「患者さんが望むように生きることをサポートする」を理念に活動している。

『農業をデザインで伝える:食と地域の課題を解決する』出版記念

農業デザインの第一人者、長岡淳一&阿部岳の著作3弾目となる
『農業をデザインで伝える–食と地域の課題を解決する』(ファームステッド)の出版を記念して、
出版記念デザインセミナー&トークイベント&デザインブランディング相談会を開催します。

北海道と関東を拠点に、全国各地の農業、1次産業を活性化することを目標に掲げるデザイン・ブランディング会社ファームステッド。
共同代表の長岡淳一と阿部岳の著作第3弾。

新型コロナウイルスの感染流行をはじめ、不安定な世界情勢、気候変動、少子高齢化などさまざまな問題が、
近年、農と食と地域に関わる仕事に深刻な影響を及ぼしています。
今作では、北海道から沖縄・石垣島まで、10名の生産者や事業者を訪ねてインタビューを実施。
現場の声を通じて食と地域の課題に向き合う人びとの挑戦を伝え、解決の道を探った一冊です。

本イベントは、第一部、第二部構成で、
著者による出版記念デザインセミナーと、書籍に登場いただいている山口県山口市船方農場坂本社長をお迎えしてのトークイベントを開催。 
実例と現場からの声を通じて、わかりやすく書籍の内容をご紹介します。

第一部、第二部それぞれ終了後には、デザインブランディング相談会とサイン会も予定しています。
みなさまぜひ奮ってご参加ください。

第一部 
出版記念デザインブランディングセミナー
18:30〜20:00 
講演「農業をデザインで伝える-食と地域の課題を解決する方法-」
【登壇者】
株式会社ファームステッド
代表取締役 / クリエイティブクリエイティブディレクター  長岡 淳一

今や「良いものを作る」事だけでは生き残ることはできない時代です。
農業を取り巻く環境は激変し、今、求められているのは伝える力です。
6次産業化を目指す農業生産者や、地域の特産品のブランド化に悩む関係者、地域と食に関わる食品メーカーの方々などを対象に、
必要不可欠なブランディングを活用して、農業や食、地域の価値を高める実践方法と秘密を紹介します。

第二部 出版記念トークイベント
20:00〜21:00
【登壇者】
株式会社ファームステッド
代表取締役 / クリエイティブクリエイティブディレクター  長岡 淳一
船方総合農場
代表取締役 坂本 賢一
 
「現代⽇本の農・⾷・地域が抱える課題とは何か」
「その課題解決にデザインはどのように役⽴つのか」という問いかけを、著者と関係者との対談を通じて考える内容です。
今回は書籍に登場いただいている山口県山口市船方農場坂本社長をお迎えして、
実例と現場からの声を通じて、わかりやすく紹介します。

セミナー後に「デザインブランディング相談会」を開催します。

「デザインブランディング相談会」とは…
全国の農業や食、地域のブランドデザインを手がけるファームステッドによる
デザインブランディング個別相談を受け付けます。
御社のブランド、デザイン戦略は正しく機能していますか?
デザインブランディングの目的は、ロゴやパッケージデザインを作成するだけでなく、
会社の理念やコンセプトに基づいて作られたデザインを、継続的かつ統一感を持って運用してゆくことにあります。
デザインについてお悩みの方なら、お気軽にご相談いただけますので、お問い合わせください。
 
●このような方におすすめ
・自社製品の品質には自信があるが、うまく知ってもらえない方
・農場や会社のロゴマーク制作を検討している方
・家族で農業を続けているが、息子に代替わりするにあたり新しいモチベーションが必要な方
・親から農業を受け継いだが、農業のイメージそのものを変えていきたい方
・6次産業化を目指して加工品を作りたいが、パッケージデザインをどうしたらいいかわからない
・加工品を作っているが、いまいち販路が広がらない方
・商品やサービスの差別化がしづらく、価格競争に巻き込まれている方
・パッケージデザインがバラバラで統一することができない方
・バイヤーにデザインの改善を指摘されて、どうしたらいいかわからない方
・インターネットで注目されるような商品やブランドを育てたい方
・社長が交代するので社風を一新したい方
・会社の理念や社訓をスタッフに理解してもらえない経営者の方
・リクルート活動に苦戦している会社の方
 など
全国で活動する実績と経験豊富なブランドディレクターがご相談承ります!
 

【登壇者プロフィール】
長岡 淳一 (ナガオカ ジュンイチ) (著者)

クリエイティブディレクター、株式会社ファームステッド代表取締役。
1976年、北海道帯広市生まれ。専修大学経済学部経済学科卒。
大学卒業までスピードスケートの選手として活躍し、世界各国を遠征。
現役引退後、地元へUターン。25歳で起業し、帯広市にてアパレル事業・飲食事業を展開。
2013年、阿部岳とともに株式会社ファームステッドを設立。
グッドデザイン賞受賞ほか受賞歴多数。
共著に『農業をデザインで変える』(瀬戸内人)、『農と食と地域をデザインする』(新泉社)。
 
坂本 賢一(サカモト ケンイチ)
船方農場グループ みどりの風協同組合 理事長(2020年~)、
株式会社グリーンヒル・アトー 代表取締役(2009年~)、
有限会社船方総合農場 代表取締役(2011年~)。
1966年 山口県山口市阿東徳佐生まれ。
地元高校を卒業後、街に憧れ地元から離れ就職。結婚を機にUターン。
2018年、株式会社ファームステッドに依頼し、「船方農場CI計画」をスタート。
シンボルマークを一新し、船方農場のリブランディングを行う。
農場を取り巻く自然環境を最大限に活かし、環境を守り育てながら命を繋いでいく、
豊かな暮らしをモットーに、「次世代に繋ぐ百年農場」を目指し日々奮闘中。

*人数把握の為、申し込みのみお願いします。
申し込み:http://ptix.at/XEozny

Fairtrade Week くまもと Special Talk Event

【フェアトレードシティくまもと啓発イベント】

熊本市は、アジアで初となるフェアトレードシティに認定され、令和3年(2021年)に10周年を迎えました。
フェアトレードシティとしての取組は、市民や地元企業をはじめ、行政や地域で一体となって普及・啓発を進めていく必要があります。
その取組の一環として、中心市街地をメインに「フェアトレードシティくまもと啓発イベント」を実施します。

今回は、ココナッツを用いて貧困問題の解決に取り組むcocowell代表の水井裕氏をゲストにお招きし、フェアトレードの観点から、製造・販売されている商品を日常に取り入れることで、「フェアトレード」という言葉をより身近に感じてもらう為のトークイベントを開催します。

参加無料ですが、申し込みが必要ですのでご注意ください。(先着順)

【開催概要】
日 時:2024年2月10日(土)14:00~16:00 (開場:13:30)
場 所:蔦屋書店熊本三年坂 地下イベントスペース
ゲスト:水井裕(cocowell代表)
司 会:樫山結
参 加:無料(要申込み・先着順)
定 員:40名

【トークイベント内容】
・「フェアトレードシティくまもと」のこれからについて
・日本初のココナッツ専門店「cocowell」水井裕氏による、cocowell創業のきっかけと今後
・ココナッツチョコレート手作りキットの実演&試食会

【登壇ゲストについて】

cocowell代表 水井裕
ココナッツの価値を高めることで農村部に産業を創り、農家の人々の安定した生活に少しでも貢献できるのではないかとの想いから、ココナッツを専門に扱う「株式会社ココウェル」を2004年に創業。
商品売り上げの一部を、フィリピンと日本を繋ぐ社会貢献活動に利用する支援基金も設立し、購入者と一緒に社会貢献する活動も展開している。

『ゆるトークcafe vol.3 ~働く人と気軽に繋がろう~ with Sannenzaka Germination Base』

『ゆるトークcafe vol.3 ~働く人と気軽に繋がろう~ with Sannenzaka Germination Base』を開催します!

働くことや仕事について、若手社会人と楽しくおしゃべりするイベントとなっております。

前回同様、開催場所は「蔦屋書店 熊本三年坂」のイベントスペース。

書店ならではの居心地の良い空間で、普段はなかなかつながれない若手の社会人と話してみませんか?
探していた答えが見つかるかもしれませんよ。

学生の方も大歓迎!!
 
〈ゆるトークカフェとは?〉
 学生と若手社会人が、少人数にグループに分かれて働くことや仕事について語り合うトークプログラムです。
 その名通りゆる~く仕事について話を聞くことができます。
 「就職・転職について、少し興味があるな、話してみたいな」とお思いの方、ぜひご参加ください!

【日時】2024年2月16日(金) 16:30~18:30
【会場】蔦屋書店 熊本三年坂 地下1階イベントスペース
【対象】18歳~34歳の方(高校生不可)
    ・大学・大学院・短大・専修学校(専門課程)等に在学中の方
    ・在職中の方
    ・求職中の方
【参加費】無料
【定員】20名
【内容】熊本県内企業の若手社員とゆるトーク

【こんな方におすすめ】

・「自分に合う仕事って何だろう?どうやって見つけるんだろう?」と悩んでいる
・働くイメージがもてない
・就活のために何かしなきゃ、と思うけど何もできていない
・働く人の本音や自分とは違う仕事の話を聞いてみたい
・「もっとやりがいを感じられる仕事ないかな」と思っている
・自分らしく働ける仕事を探している などなど

就職・転職に関心がある方、お悩み中の方大歓迎です!

≪同日開催≫
上記のイベント前には、自己分析ができるワークショップも開催!
自己理解をしっかりとした後だとより自分がしたい職業、向いてる職業が分かるかもしれません。

【日時】2024年2月16日(金) 14:00~16:00
【会場】蔦屋書店 熊本三年坂 地下1階イベントスペース

イベントページ
↓ ↓ 

https://select-type.com/ev/?ev=NxN2fcXyalE

参加申し込みフォーム
↓ ↓
https://select-type.com/e/?id=ZOf-fifmdlU&eventPageID=

Quality Shift Academia #2「クリエイターの生存戦略」

九州最大のクリエイティブ集団、九州アートディレクターズクラブ(九州ADC)は、デザインと創造力を駆使した質の高いプロジェクトを推進するための新しいアプローチである「クオリティシフト」というメソッドを2020年より世の中に提唱しています。
このたび、2023年〜2024年の概ね3ヶ月にわたり、クリエイターの視野拡大・知識向上を目指した学びの場としての勉強会「QUALITY SHIFT ACADEMIA」を開催します。
今回の勉強会では、「情報過多の現代社会においてクリエイターはどうすれば信頼を勝ち取れるのか」をテーマにお話ししていただきます。AIの発達はとどまるところを知らず、世の中の情報量は爆発的に増加しています。クリエイターはどうすればこれからの時代に活躍できるのでしょうか。また、生き残っていけるのでしょうか。ポイントは、信頼獲得にフォーカスしたマーケティング戦略です。世界を知るコンテンツマーケティングの専門家が、クリエイターの「生存戦略」について解説します。

【主催】 一般社団法人九州アートディレクターズクラブ
【申込サイト】https://qualityshift02.peatix.com/
【登壇者プロフィール】田中森士(たなか・しんじ)
コンテンツマーケティングコンサルタント。株式会社クマベイス代表取締役CEO。
熊本市生まれ、熊本市在住。熊本大学大学院に進学して消費者行動を研究した後、熊本県立水俣高校の常勤講師(地理・歴史)、
産経新聞の記者を経て、2015年にコンテンツマーケティングのエージェンシー・クマベイスを創業。
海外のマーケティング系カンファレンスに通うとともに、世界中のマーケティング成功事例を観察。各地で得た知見をセミナーやワークショップ、講演活動、執筆活動を通し日本に伝え続けている。
Forbes JAPAN Web版、日経クロストレンド、Yahoo! ニュース個人などで執筆中。著書に『カルトブランディング』、共著に『マーケティングZEN』、『メールマーケティング』。

Kumamoto Education Week

熊本市教育委員会 主催「Kumamoto Education Week 2024.1.20-28」開催します!

ニューコ・ワン株式会社は熊本市教育委員会主催「Kumamoto Education Week2024.1.20-28」に協力し、複数のイベントを開催いたします。

Kumamoto Education Week2024.1.20-28(以下「KEW2024」)とは、熊本市教育委員会が主催する、
「豊かな人生とよりよい社会を創造するために自ら考え主体的に行動できる人を育む」ことを目的とした、
教育関係者だけでなく様々な人たちが、広く社会と共有し共に考えることのできる教育イベントです。

ニューコ・ワンにおいては、蔦屋書店 熊本三年坂を会場とし、ニューコ・ワンが発案・企画・運営の「学生と社会人をつなぐ交流イベント Seeds×Blooms(シーズバイブルームス)in KEW2024」と「『遊ぶ』は『学ぶ』ボードゲームで育むコミュニケーション教育」この2つの教育イベントを主催いたします。

ニューコ・ワンは、「ひとりひとりが”自分らしく豊かな人生を送る”ための社会づくりに貢献する」という企業理念に沿って、地域の方々と密着して産官学の連携に参画して参ります。